許諾同意本文

VC利用規約

KDDI株式会社(以下「当社」といいます。)は、利用規約(以下「本規約」といいます。)に基づき、本サービス(第2条第1項に定める意義を有します。以下同じとします。)を提供します。」から、「KDDI株式会社(以下「当社」といいます。)は、VC利用規約(以下「本規約」といいます。)に基づき、本サービス(第2条第1項に定める意義を有します。以下同じとします。)を提供します。また、13歳以上の未成年者の方は、本サービスの利用及び本規約の同意にあたっては、必ず親権者の同意を得るようにしてください。

第1条 適用

(1)本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当社とユーザー(第2条第5号に定める意義を有します。以下同じとします。)との間の権利義務関係を定めることを目的とし、当社とユーザーの間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
(2)本規約の他、当社の定める各種の規約、注意事項、ガイドライン、当社ウェブサイト(第2条第9号に定める意義を有します。以下同じとします。)上で掲載する本サービスに関するルール等(以下併せて「個別規約」といいます。)は名称の如何にかかわらず本規約の一部を構成するものとします。本規約の規定と、個別規約の規定とが異なる場合には、個別規約の規定が優先して適用されます。

第2条 定義

本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。
(1)「本サービス」とは、当社が提供するVCと称するサービスで、第6条に定める機能を有するサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)をいいます。
(2)「本サービス利用契約」とは、本規約及び個別規約の内容を条件として当社との間で締結される、本サービスに関する利用契約をいいます。
(3)「本アプリ」とは、本サービス専用のアプリケーションをいいます。
(4)「登録希望者」とは、本サービスの利用を希望する者をいいます。
(5)「ユーザー」とは、当社と本サービスに関する利用契約を締結した者をいいます。
(6)「ゲストユーザー」とは、ユーザーのうち、本サービス及び本アプリの機能が一部利用することができないユーザーをいいます。
(7)「ユーザーアカウント」とは、当社が本サービス利用契約に基づいてユーザーに付与するユーザーID及びパスワード、又はソーシャルログインに用いたソーシャルログイン対象サービスのアカウントをいいます。
(8)「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)をいいます。
(9) 「当社ウェブサイト」とは、そのドメインが「https://vcity.au5g.jp 」及び「https://vc-trial.app 」である、当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず、ドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメイン又は内容のウェブサイトを含みます。)をいいます。
(10)「ソーシャルログイン」とは、ソーシャルログイン対象サービスのアカウントとパスワードその他の当該ソーシャルログイン対象サービスにログインするために必要な情報を用いて、本サービスにログインすることをいいます。
(11)「ソーシャルログイン対象サービス」とは、当社所定のソーシャルネットサービスをいいます。
(12)「本デジタルコンテンツ」とは、電磁的な写真、動画、3Dモデル、アバター、その他の本サービス上で利用可能なデジタルコンテンツをいいます。
(13)「NFT」とは、本デジタルコンテンツを、本サービスを介して、ブロックチェーン(分散型台帳技術)又はこれらに類する技術により記録及び移転可能で、かつ、固有の値又は属性等を付与した非代替的な電磁的な帳票に紐づけた場合の、当該本デジタルコンテンツ及び電磁的な帳票の総体としての財産的価値をいいます。
(14)「ウォレット」とは、NFTの保有の記録の管理若しくは閲覧、又はNFTのデジタルコンテンツを視聴、閲覧又は確認できる機能を有するアプリケーションをいいます。
(15)「有料コンテンツ」とは、本サービス内で購入できる本デジタルコンテンツ、NFTその他の財産的価値をいいます。
(16)「本権利」とは、本サービス内で利用できるライブを視聴する権利その他の当社が定める権利をいいます。
(17)「eL」とは、当社が発行する、本サービス内で利用できるポイントをいいます。

第3条 本サービスへの登録

(1)登録希望者は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社所定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社所定の方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の登録を申し込むことができるものとします。
(2)前項にかかわらず、登録希望者は、当社所定の方法で、ソーシャルログインに関する手続を行うことで、本サービスの利用の登録を申し込むことができるものとします。この場合に、ユーザーは、ソーシャルログイン対象サービスにおいて以下の各号のいずれかの事由が生じた場合には、一時的又は恒久的に本サービスへログインができなくなる場合があることを承諾し、これに異議を述べないものとします。
ソーシャルログイン対象サービスを退会又は解約その他理由によりソーシャルログイン対象サービスに係る利用契約を終了し、又はソーシャルログイン対象サービスのアカウントを削除した場合
ソーシャルログイン対象サービスに障害等が発生した場合
ソーシャルログイン対象サービスが提供を中断又は終了した場合
ソーシャルログイン対象サービスの仕様や方針が変更され、当該ソーシャルログイン対象サービスへのログインが実施できない場合
前各号の他、ソーシャルログイン対象サービスが利用できない場合
(3)当社は、次項及びその他の当社の基準に従って、登録希望者の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合には、当社所定の方法により本サービスへの登録を承諾した旨を通知します(登録希望者が本アプリ上で当社所定の表示がされ、本サービスの利用が可能な状態となった場合には、当該通知があったものとみなします)。当該通知により登録希望者のユーザーとしての登録は完了し、当該完了をもって当社とユーザーの間に本サービス利用契約が成立するものとします。
(4)当社は、登録希望者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を承諾しないことがあります。
本規約に違反するおそれがあると当社が合理的な根拠に基づき判断した場合
当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
過去に本サービス若しくは当社が提供する他のサービスの利用に関して、規約に違反したことがある場合、又は登録の取消や退会処理、その他サービスの利用を当社から拒絶されたことがある場合
日本国外に居住する場合
13歳未満の者である場合
未成年者(但し、前号に該当する場合を除くものとします。)、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等の本サービス利用契約の成立に必要な手続を経ていなかった場合
反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、極左団体、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じとします。)である、若しくは資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営、経営に協力又は関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が合理的な根拠に基づき判断した場合
前各号に準じる場合
前各号の他、当社が登録を適当でないと合理的な根拠に基づき判断した場合
(5)第1項及び第2項に定める登録の申込み申請は必ず本サービスを利用する個人又は法人自身が行わなければならず、原則として当社が別途指定する場合を除き、代理人による登録の申込み申請は認められないものとします。また、登録希望者は、登録の申請申込みにあたり、真実、正確かつかつ最新の情報を当社に提供しなければならないものとします。
(6)ユーザーは、登録情報の内容が真実であることを表明し、保証します。

第4条 登録事項の変更

(1)ユーザーは、登録情報に変更があった場合には、遅滞なく、当社所定の方法により、当該変更事項を当社に届け出るものとします。当社は、当該届出の無い場合には、登録事項に変更のないものとして取り扱うことができるものとします。
(2)ユーザーは、登録事項に変更があったにもかかわらず前項に従い当社に届出なかった場合、本サービスを利用できなくなることがあります。

第5条 ユーザーアカウントの管理

(1)ユーザーは、自己の責任において、ユーザーアカウントを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはなりません。
(2)アカウントの不適切な管理、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任はユーザーが負うものとします。
(3)ユーザーは、ユーザーアカウントに関する情報が流出し、又は第三者に使用されていることを確認した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、ユーザーアカウントの取扱いに関して当社からの指示に従うものとします。

第6条 本サービスの利用

(1)ユーザーは本規約に従い、本サービスを利用することができるものとします。
(2)本サービスは、以下の各号に定める機能を有します。
アバターを作成及び利用する機能
マイルームを作成及び利用する機能
実在する都市を模した3Dの仮想空間を移動できる機能
チャット機能
NFTの機能
ライブを視聴する機能
その他当社が前各号に付随して提供する機能
(3)第1項にかかわらず、ゲストユーザーは、本サービスのうち当社が別途指定する機能を利用できません。但し、本サービスに登録完了後、当社所定の手続を行うことで、ゲストユーザーであっても本サービスの機能をすべて利用することができるものとします。

第7条 本サービスの利用料

(1)本サービスは、別段の定めがない限り、無料で利用できるものとします。但し、本サービスの利用ために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器及び通信回線その他の通信環境等の準備及び維持に関する費用はユーザーが負担するものとします。
(2)前項にかかわらず、ユーザーは、当社が定める有料コンテンツを購入する場合には、当社の定める方法に従いその代金を支払うものとします。
(3)ユーザーが前項に基づいて有料コンテンツを購入したにもかかわらず、当社の定める期日までにその代金を支払わなかった場合、会員は、当社に対し、支払期日の翌日より年14.6パーセントの割合による遅延損害金を支払うものとします。

第8条 eLの発行

(1)当社は、本サービスにおいて、eLを発行します。eLは、当社が定める方法により、有料コンテンツの購入代金の支払いに利用することができます。
(2)ユーザーは、eLを購入し、又は利用する場合には、当社が定めeL利用規約に同意するものとします。

第9条 権利帰属

当社ウェブサイト、本サービス、本アプリ、本デジタルコンテンツ及び有料コンテンツに関する所有権及び知的財産権は、すべて当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属します。本規約に定める登録に基づく本サービスの利用許諾は、本規約において明示されているものを除き、当社ウェブサイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡又は使用許諾を意味するものではありません。ユーザーは、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為をしないものとします。

第10条 NFTストア

(1)NFTの取得、購入
ユーザーは、当社が定める方法によりNFTを取得、購入することができます。
ユーザーは、NFTマーケットにおいて当社が定める方法で購入完了することでNFTに係る売買契約が成立します。ユーザーは、購入完了後、NFTを保有することができます。なお、購入完了とは、当社が定める方法によりユーザーに購入手続完了を示す通知の送信された時点をいいます。
ユーザーは、購入完了した場合には、当社の定めに従い購入代金を支払うものとします。
当社は、購入完了した場合には、当社の定めに従いユーザーがNFTを保有するために必要な手続きをするものとします。
(2)NFTの保有
ユーザーは、購入したNFTを保有することができます。
ユーザーは、NFTを保有することで、ウォレットを通じて、NFTの取得、購入及び保有、並びに記録の管理若しくは閲覧、又はNFTのデジタルコンテンツを視聴、閲覧又は確認ができます。
(3)ウォレット
ユーザーは、本サービスへの登録により、ウォレットが利用できるようになります。
ユーザーのウォレットに関する情報(ID、秘密鍵等)は、ユーザーが責任をもって管理するものとします。
(4)知的財産権
NFTに紐づくデジタルコンテンツの一切の知的財産権その他の権利は、当社又は当社に対して使用許諾を行っている第三者に帰属します。
(5)本権利の購入
ユーザーは、当社がNFTと共に販売する本権利を購入することできます。この場合、本権利に係る売買契約について第1項から第3項の規定を準用します。
ユーザーは、購入した本権利を当社が定める方法で利用することができます。
(6)免責
当社は、NFTに紐づけられた本デジタルコンテンツの知的財産権に争いが生じた場合その他当該デジタルコンテンツの利用が他人の権利を侵害し、又はその具体的なおそれがあると当社が合理的に判断した場合には、当該本デジタルコンテンツに係るNFTの取扱いを停止することができるものとします。
ユーザーは、前項によってNFTの保有ができなくなり、若しくはNFTに紐づけられた本コンテンツの閲覧、視聴又は利用ができなくなる可能性があることを予め理解し、承諾するものとします。
ユーザーは、本サービスを退会した場合には、購入したNFT及び本権利を保有することができなくなることを予め理解し、承諾するものとします。
ユーザーは、購入完了後、ユーザーの都合でNFT又は本権利の購入を取消すことはできません。
ユーザーは、購入したNFT又は本権利が注文したNFT又は本権利の性質、数量等に齟齬がある場合など、商品の種類、品質又は数量がNFT又は本権利に係る売買契約内容に適合しない場合には、NFT又は本権利を購入完了した日の翌日から7日以内に、当社の定める方法で当社に連絡したときに限り、交換、購入代金の減額を承ります。交換をする場合には、当社の定める方法で返品を受け付けます。
当社は、NFTストアの内容及び結果について、その完全性、正確性、安全性、目的適合性又は有用性等につき、何ら保証するものではなく、当該内容及び結果が第三者の権利を侵害しないこと等について何ら保証するものではありません。
当社はNFT又は本権利の販売にあたり利用するオープンシステムの仕様・不具合等に起因するNFTストアの停止・遅延、データの消失、その他損害に対して、責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意又は重大な過失によって生じた場合には、本号の規定は適用されないものとします。
NFTの取得及び購入の履歴は削除することはできません。
当社は、ユーザーID、ウォレットの情報の流出・盗難によりお客様が損害を被った場合でも、当社は責任を負わないものとします。ただし、当該損害が当社の故意又は重大な過失によって生じた場合には、本号の規定は適用されないものとします。

第11条 データの使用・個人情報

当社は、本アプリの提供のために当社が取得した情報(会員の個人情報その他のプライバシー情報を含みます。)を、本サービスのアプリプライバシーポリシーに従って適切に取り扱います。アプリプライバシーポリシーは、本アプリ上で参照することができ、本条項において参照されることによって本規約と一体となります。なお、アプリプライバシーポリシーに定めのない事項の詳細は KDDIプライバシーポリシーをご参照ください。

第12条 禁止行為

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

当社、又は他のユーザー、外部事業者その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を直接又は間接に侵害する行為、若しくはそのおそれのある行為
法令に違反する行為、犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為、若しくはそのおそれのある行為
本規約、法令又は当社若しくはユーザーが所属する業界団体の内部規則に違反する行為、若しくはそのおそれのある行為
コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為、若しくはそのおそれのある行為
本サービスへ不正なアクセスを試みる行為、若しくはそのおそれのある行為
当社が定める一定のデータ容量以上のデータを、本サービスを通じて送信する行為
当社又は第三者になりすます行為、若しくは意図的に虚偽の情報を流布させる行為
ユーザーアカウントを第三者に利用させ又は貸与、譲渡、名義変更、売買等その他処分をする行為
当社の事前の承諾を得ることなく無断で、転載・複製・複写・修正・改変・公衆送信・頒布・貸与・翻訳・翻案・二次的著作物の作成する行為
リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、その他本サービスのサーバやネットワークシステムに支障を与える行為
BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用して本サービスを不正に操作する行為
本サービスの不具合を意図的に利用する行為
同様の質問を必要以上に繰り返す等、当社に対し不当な問い合わせ又は要求をする行為
当社による本サービスの提供を妨害するおそれのある行為
他のユーザーによる本サービスの利用又は享受を妨害する行為、若しくはそのおそれのある行為
他のユーザーの個人情報、登録情報、利用履歴情報等を、不正に収集、開示又は提供する行為、若しくはそのおそれのある行為
資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営、経営に協力又は関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与する行為
前各号のいずれかに該当する行為を援助又は助長する行為
前各号のほか、当社が不適切と合理的な根拠に基づき判断する行為

第13条 本サービスの退会

(1)ユーザーは、当社が定めた方法に従い、本サービスを退会することができるものとします。
(2)ユーザーは、当社からの退会手続完了告知が出た時点で退会完了するものとし、本サービス利用契約が終了します。
(3)ユーザーは、退会完了後、本サービス及び本サービスを利用することで得られた権利、財産的価値の一切を利用し、又は保有することができなくなります。
(4)当社は、ユーザーが退会した場合に、本サービスに関してユーザーが有する一切の権利を補償せず、受領した代金を返還しないものとします。
(5)当社は、ユーザーが退会した場合には、本サービスに関する当該ユーザーの情報をすべて消去するものとします。但し、技術的に消去が不可能又は著しく困難な情報、並びに法令上保存が求められている情報については消去する責任を負わないものとします。
(6)ユーザーは、退会後に、当該ユーザーアカウント情報を回復できないことに予め同意するものとします。

第14条 本サービスの停止

(1)当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。
本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
コンピューター、通信回線等が停止した場合
火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
本サービス以外のサービスに、トラブル、サービス提供の中断又は停止、本サービスとの連携の停止、仕様変更等が生じた場合
前各号のほか、当社が停止又は中断を必要と判断した場合
(2)当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができるものとします。この場合、当社はユーザーに事前に通知するものとします。但し、緊急やむを得ない場合、当社は事前通知を省略の上、事後可能な限り速やかにユーザーに通知することも許容されるものとします。

第15条 ユーザーの本サービス利用停止・登録取り消し等

(1)当社は、ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合には、事前に通知又は催告することなく、当該ユーザーの本サービスの利用を停止することができるものとします。
本規約のいずれかの条項に違反した場合
当社若しくは他のユーザー又は外部事業者その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合
手段の如何を問わず、当社による本サービスの提供を妨害した場合
後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
前各号の他、当社が本サービスの利用停止が適切と合理的な根拠に基づき判断した場合
(2)当社は、ユーザーが以下の各号のいずれかの事由に該当する場合には、事前に通知又は催告することなく、当該ユーザーの登録を取り消すことができます。
本規約のいずれかの条項に違反し、当社に違反の是正を求められたにもかかわらず相当の期間当該違反を是正しなかった場合
登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合
死亡した場合
支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けた場合
差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
租税公課の滞納処分を受けた場合
本サービスを最後に利用した日の翌月から起算して6ヶ月間本サービスを利用せず、当社からの連絡に対して応答がない場合
第3条第4項各号に該当する場合
前各号のほか、当社がユーザーの本サービスの利用を適当でないと合理的な根拠に基づき判断した場合
(3)前項各号のいずれかの事由に該当した場合、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対してすべての債務の支払を行わなければなりません。

第16条 保証の否認及び免責

(1)当社は、本サービスの内容、適法性その他本サービスに関する一切の事項につき如何なる保証も行うものではありません。本サービスは現状有姿で提供されるものであり、当社は本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証しません。
(2)本サービスは、外部サービスと連携することがありますが、当該連携においてユーザーが当該外部サービスを利用できることを一切保証しません。
(3)本サービスが外部サービスと連携する場合において、ユーザーは当該外部サービスを利用する場合には、当該外部サービスの利用規約その他の規約類を自己の費用と責任で遵守するものとし、ユーザーと当該外部サービスを提供する事業者との間で紛争等が生じた場合にはユーザーにおいてこれを処理するものとします。
(4)ユーザーは、本サービスの利用が、ユーザーに適用のある法令、業界団体の自主ルール等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当社は、ユーザーによる本サービスの利用が、ユーザーに適用のある法令、業界団体の自主ルール等に適合することを一切保証しません。
(5)当社は、本サービスに関連して(本サービスの提供の中断・停止・終了・利用不能、情報の変更・削除・消失、ユーザーの登録の取消、又は本サービスの利用によるデータの消失若しくは機器の故障・損傷等を含みますが、これらに限られません。)当社の責によりユーザーが被った損害につき、ユーザーが本サービスを利用することで支払った金銭の総額を上限としてその賠償の責任を負うものとします。但し、故意又は重過失がある場合はかかる上限を適用しないものとします。

第17条 ユーザー賠償等の責任

(1)ユーザーは、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその損害を賠償しなければなりません。
(2)ユーザーが、本サービスに関連して他のユーザー、外部事業者その他の第三者からクレームを受け又はそれらの者との間で紛争(以下「紛争等」といいます。)を生じた場合には、直ちにその内容を当社に通知するとともに、ユーザーの費用と責任において当該紛争等を処理し、当社に迷惑をかけないものとします。また、当社からの要請に基づき、その経過及び結果を当社に報告するものとします。
(3)ユーザーは、当社が、紛争等により損害を被った場合には、その損害を賠償しなければなりません。

第18条 本サービス内容並びに本規約等の変更

(1)当社は、本サービスの内容を変更できるものとします。
(2)当社は、民法の定めに従い、本規約及び個別規約を変更できるものとします。この場合、本サービスの提供条件等は、変更後の本規約及び個別規約によります。

第19条 本規約の譲渡等

ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

第20条 完全合意

本規約は、本規約に含まれる事項に関する当社とユーザーとの完全な合意を構成し、口頭又は書面を問わず、本規約に含まれる事項に関する当社とユーザーとの事前の合意、表明及び了解に優先します。

第21条 分離可能性

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及びユーザーは、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

第22条 準拠法及び管轄裁判所

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第23条 協議解決

当社及びユーザーは、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

【2022年12月16日制定】